【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】1話ネタバレ

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】1話ネタバレ
黒猫スミス&お稲荷さん

【コミなび純稿】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver1スマホで無料立ち読み

ハンディコミックで大人気の漫画のネタバレを書いています。

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の作者は、黒猫スミス&お稲荷さんです。

第1話「僕の叔母さんは艶っぽくて色っぽくて」

ー夏の季節ー

父と母、幸平の3人で、

恭子おばさんのお家に行く。

彼女は山奥に住んでいるので、車で向かうのです。

幸平がオバさんに会うのは5年ぶりで、

以前はキャンプなどをして、集まっていたのです。

「恭子叔母さん、幸平に会うの楽しみだって言ってたわよ。」

長い時間をかけ、ようやく辿り着く。

自然に囲まれた中に、一軒の家が見つかる。

インターホンを押すと、色気たっぷりの女性が出てくる。

「ハーイ、いらっしゃーい♪」

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用

彼女の大人な色気にドキッとする幸平。

モジモジ恥ずかしそうにあいさつすると、

彼女が、彼の成長ぶりに驚くのです。

顔を近付けてきて、おっきくなったねと、声をかけてくれるのですが、

緊張で何も喋れず。

「ウフフ、思春期ってヤツね~」

可愛いわねぇという表情で、にこっとする恭子さん。

ーみんなで夕飯中ー

他愛もない会話で場はなごみ、いい雰囲気に。

お酒もすすんで、いい具合に酔っぱらっていたのです。

もうこんな時間か…そろそろ寝る支度しよっかと、立ち上がる。

寝室へフトンを取りに行くのです。

その手伝いをするために、幸平が付いていく。

なんだか、顔を赤らめ、グラついている彼。

「ちょっと待っててね。今出すから」

オバサンが押入からフトンを取り出そうと背を向けると、

ムチムチのおしりが目に飛び込んでくる。

大きくて、ジーパンの上からでも、くっきりなおしりをジーっと見つめるのです。

まるで、何かに取りつかれたように夢中になっている彼。

だんだん距離も縮まっていき…

「ちょっとコレ持ってくれる?」

とつぜん振り向く恭子さんにギクッとする幸平。

このままいくと危なかった彼は、我に返る。

さっそく、渡されたフトンを持っていこうとすると、

相手が足をつまずかせるのです。

そのまま体勢をくずし、倒れこむ。

このとき、幸平も巻き込まれて、一緒に転倒。

運よくベットがあったので、無傷で済んだのですが、

彼は、彼女のオッパイに顔をダイブさせていたのです…。

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】ネタバレ画像&安全ダウンロード

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用
肉体が気持ち良過ぎて1話の無料立ち読み