【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】3話ネタバレ

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】3話ネタバレ
黒猫スミス&お稲荷さん

ハンディコミック【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用 スマホで無料立ち読み

3話ネタバレ
黒猫スミス&お稲荷さん

3話「俺!もう全部知ってるから!」

おばさんの手コキで初の射○を体験。

よく分からないけど、気持ちよくて気を失いかける幸平。

精○も相当溜まっていて、おばさんを驚かせるほどなのです。

すると突然謝る幸平。

ゴメン

オシ○コ我慢できなくて…

漏らしちゃった

射○経験がなかった彼は、オシ○コと勘違い。

えっ?まさか初めてだったの?、マズイ事やっちゃったかもと、

焦る恭子さん。

オッパイから離れない幸平を癒すようにナデナデ。
まるで母と子供のよう。

おばさん、この事は母さんと父さんには言わないでと、お願いされ、

二人だけの秘密に。

一夜が明け、幸平家族は帰る準備を整える。

またおいでよ、姉さん

今度は夏に、ピザ釜でも作るから、そのとき来てねと誘われるのです。

幸平も夏休みにはいるので、また来ようなと言われると、モジモジ。

さらに叔母さんにニコッとされると、顔を赤らめドキドキ。

初の射○体験から2か月後。

夏休みにはいった幸平は、家族3人で恭子おばさんの家に遊びに行く。

いらっしゃーい

相変わらずの色気と豊満な肉体で歓迎するおばさん。

服を着ていても、エロさが漂っていてヤバイ。

前回のように、食事を済ませ、睡眠中。

叔母さんが気持ち良過ぎに寝ていると、
チ○コを立たせながら、

幸平が入ってくるのです。

ん?

目を覚ますとはぁはぁ言いながらしがみついてくる。

こーちゃん?、ココは私と夫の寝室よ

彼女の肩をガシッとつかんで、

俺もう知ってるからと言うのです。

あれから射○やセックスについていろいろ調べたようで、

子どもを作りたいと言い出す。

俺、恭子おばさんと子供つくりたい

だから、セックスさせて

何をバカな事をいっているの?

とりあえずなだめようとする叔母さんですが、

幸平は止まらないのです。

そして、

この前の事ウチの親と茂春おじさんに言っちゃうから

と脅す。

それだけは言わないでほしいおばさんは、トイレへ連れ出す。

これから肉体で気持ち良くさせてあげるから、前の事と今からすること誰にも言わないって約束できる?

と交渉。

そして、トイレのカギを閉め、パンツを脱がすのです。

すると、、、、

 

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】ネタバレ画像&安全ダウンロード

ハンディコミック【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用 「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」3ダウンロード

 

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】2話ネタバレ

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】2話ネタバレ
黒猫スミス&お稲荷さん

ハンディコミック【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用
スマホで無料立ち読み

2話ネタバレ
黒猫スミス&お稲荷さん


2話ネタバレ「初めての射●は叔母さんの手コキ」

恭子叔母さんと、主人公の幸平は、フトンを取りに2階へ。

渡されたフトンを持っていこうとすると、彼女が足をつまずかせ転倒。

幸平も巻き込まれるのです。

「ゴメンねベットにつまずいて…」

見事、オッパイにダイブした幸平は、顔を埋める

そして、そのままオッパイを揉みまくるのです。

大きくて揉みごたえのあるオッパイに顔を密着させながらモミモミ。

えっ?ちょっと?と困惑する叔母さん。

じつは、幸平、ジュースとチューハイを間違えて飲んでいたのです。

まだ未成年の彼は、すっかり酔っていたのです。

ふーっ、ふーつ

と興奮しながら、オッパイを揉んだり、顔に挟んだりと、ヤりたい放題。

そろそろ離れてくれないかなぁと、お願いする恭子。

ですが、彼の手は止まらないのです。

まるで、俺じゃなくて、手が勝手に動いているんだっ!

というぐらいに暴走。

さらに、下半身のあたりに、ギンギンに固くなったものを感じるのです。

か…固くなってる

このままでは、いろいろマズイと思い、

必死に止めにはいるのです。

ストーップ!

それでも、力づくで襲いかかってくるので、どうにとできず。

おばさんのことが、ずっと前から好きだったんだ!

とカミングアウトする彼は、アソコも肉体も熱くなってきて、セックスを始めそうな勢いなのです。

こーちゃん落ち着いて…お願いだから放して!

私一人の力では無理だ…そう思った恭子は、隣で寝ている夫に助けを求めようとする。

でも、こんな状況を見たら、誤解される可能性があるので、結局助けを呼べず。

もうこうなったら、仕方ないと最終手段に出るのです。

暴走の元をたつ。

と、幸平のチ○コに手を伸ばす。

溜まったものを出せば、きっと落ち着くと考え、1発抜いてあげるのです。

すでにガッチガチになったチ○コをシ○シコ。

すると、肉体をピクピクさせながら、気持ち良さそうな表情。

また、ヌルヌルになるほどガマン汁も出てきているので、

余計に気持ち良さそうにするのです。

これは思ったより早くいかせられるかも。
と、手を早めるきょうこ。

あぁ、あぁ

はやく出ろ~

初めての手コキに思によって、思わず…

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】ネタバレ画像&安全ダウンロード

ハンディコミック【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用スマートフォンで漫画の
無料立ち読み

 

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】1話ネタバレ

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】1話ネタバレ
黒猫スミス&お稲荷さん

【コミなび純稿】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver1スマホで無料立ち読み

ハンディコミックで大人気の漫画のネタバレを書いています。

「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」の作者は、黒猫スミス&お稲荷さんです。

第1話「僕の叔母さんは艶っぽくて色っぽくて」

ー夏の季節ー

父と母、幸平の3人で、

恭子おばさんのお家に行く。

彼女は山奥に住んでいるので、車で向かうのです。

幸平がオバさんに会うのは5年ぶりで、

以前はキャンプなどをして、集まっていたのです。

「恭子叔母さん、幸平に会うの楽しみだって言ってたわよ。」

長い時間をかけ、ようやく辿り着く。

自然に囲まれた中に、一軒の家が見つかる。

インターホンを押すと、色気たっぷりの女性が出てくる。

「ハーイ、いらっしゃーい♪」

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用

彼女の大人な色気にドキッとする幸平。

モジモジ恥ずかしそうにあいさつすると、

彼女が、彼の成長ぶりに驚くのです。

顔を近付けてきて、おっきくなったねと、声をかけてくれるのですが、

緊張で何も喋れず。

「ウフフ、思春期ってヤツね~」

可愛いわねぇという表情で、にこっとする恭子さん。

ーみんなで夕飯中ー

他愛もない会話で場はなごみ、いい雰囲気に。

お酒もすすんで、いい具合に酔っぱらっていたのです。

もうこんな時間か…そろそろ寝る支度しよっかと、立ち上がる。

寝室へフトンを取りに行くのです。

その手伝いをするために、幸平が付いていく。

なんだか、顔を赤らめ、グラついている彼。

「ちょっと待っててね。今出すから」

オバサンが押入からフトンを取り出そうと背を向けると、

ムチムチのおしりが目に飛び込んでくる。

大きくて、ジーパンの上からでも、くっきりなおしりをジーっと見つめるのです。

まるで、何かに取りつかれたように夢中になっている彼。

だんだん距離も縮まっていき…

「ちょっとコレ持ってくれる?」

とつぜん振り向く恭子さんにギクッとする幸平。

このままいくと危なかった彼は、我に返る。

さっそく、渡されたフトンを持っていこうとすると、

相手が足をつまずかせるのです。

そのまま体勢をくずし、倒れこむ。

このとき、幸平も巻き込まれて、一緒に転倒。

運よくベットがあったので、無傷で済んだのですが、

彼は、彼女のオッパイに顔をダイブさせていたのです…。

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】ネタバレ画像&安全ダウンロード

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用
肉体が気持ち良過ぎて1話の無料立ち読み